絶対成功メソッド!ニューロロジカルレベル統一から、チャンクダウンしてT.O.T.Eモデル始動! ‐ NLPが あなたをお金持ちにする

 イイ収入ガ増刊号で『NLPがあなたをお金持ちにする』が人気だった為、
 独自トピックとして提供することになりました!
メルマガ版は、こちらから登録どうぞ。


 

成功に向かって進み始める時には、願望達成を強く願います。

 

スタートは強く願い。そして、当然成功するという自然体の状態に進みます。

 

 

最初から、最後まで、強く願いすぎると、どんな影響がでるのでしょうか?

 

エコロジーチェックが必要そうですね。

 

 

意識的に強く願うことについて、メリット、デメリットの両面について考えてみましょう。

 

これから成功を目指そうとする人は、始めのうちは強烈に意識することが大切でしょう。

 

その為に、意識的に強く願うことからスタートすると思います。

 

成功を目指すタイムラインにおいて、スタート地点に役立ちます。

 

目標に向かい歩み出す原動力にもなりそうですね。

 

 

 

しかし、いつまでも強く願うことばかりしていると、

無意識的に逆のことに焦点が当たる可能性がでてきます。

 

「●●●が欲しい」「●●●になりたい」ということは、

『今は持っていない』『今はそうでない』ということもニュアンスとして含みます。

 

「持っていない」「なっていない」ことに焦点が当りかねないということですね。

 

 

焦点が当ったものを無意識は引き寄せると言われているので、成功とは逆のものを引き寄せかねないということです。

 

 

 

こういったことが想定しておいて、リスクを軽減しておくことも可能です。

 

「持っていて当然」「いざとなれば、いつでもなれる」「当然、いずれはそうなる」という感覚になりましょう。

 

 

成功を目指すタイムライン上で、強く意識してスタートしてから、

どこかの段階では達成して当然だという感覚になることを設計しておくと安心ですね。

 

 

「~したい」「~が欲しい」と強く願い、渇望レベルまで刷り込んだ後は

 

無意識的に「できて当然」「なって当然」「持っていて当然」と感じる状態に移行するイメージです。

 

 

強く願った後、当然に思うようになることは、NLPではひとつのワークでもできます。

 

チェーンプロセスなどが有名です。

 

 

 

もちろん、NLPスキルと継続的に使っていくことでも可能です。

 

 

アウトカム達成が当然だと感じるのは、

自分の中で、全体の一致感を持っていることと近い状態とも言えそうです。

 

 

そういった考え方から、

アウトカムを軸にニューロロジカルレベル統一のエクササイズなどもお勧めです。

 

 

できて当然の感覚を掴むことができたら、あとはコツコツ一歩ずつ進むだけです。

 

それで成功できます。

 

 

まるで、一度歩いて行ったことがある場所に向かって、

一歩ずつ歩いて到着するイメージと言えるでしょう。

 

 

成功を大目標として考え、チャンクダウンしたものを中間目標とします。

 

大目標の達成に必要な中間目標の設定です。

 

言い換えれば、大目標達成に必要なリソースとして中間目標の達成があるということになります。

 

 

その中間目標をさらにチャンクダウンします。

 

実行可能な小目標の設定です。

 

 

例えば、今の自分の思考力で、スマートの法則で設定できる目標は、

適切なチャンクの目標と言えますね。

 

※スマートの法則とは S、M、A、R、Tと以下の頭文字をとったものです。

具体的、わかりやすいこと ⇒ Specific

計測可能、数字になっていること ⇒ Measurable

同意して、達成可能なこと ⇒ Agreed upon

現実的でアウトカム志向であること ⇒ Realistic

期限が明確に決められること ⇒ Timely

 

目標設定のためのモデルで、アメリカの経営コンサルタントとして有名なブライアン・トレーシーが提唱したと言われています。

 

 

具体的で、明確な目標であり、現実的で、期限が明確に設定できる。

 

そして、達成が計測可能で数値化できるのであれば最適なサイズだと判断してもいいでしょう。

 

 

大目標の達成につながる最初の小目標です。

 

小目標ですから、確実に実現可能だと感じられるものにしましょう。

 

 

 

自分の夢の達成につながるのですから、実施することに心から同意して挑みましょう。

 

 

コミットする後押しをするのは情熱、強い願望でしょう。

 

コミットすれば、第一歩を踏み出せるでしょう。

 

ここで、スタートの熱望、渇望することがリソースとして活きてくると感じています。

 

1日の行動をして、2日、3日と行動します。

 

1週間、2週間、3週間と行動を継続します。

 

その決断の強さと勢いがあれば、慣性の法則が働き、

もはや、行動をしなかったことが気持ち悪くなるでしょう。

 

 

成功に向かった行動が習慣化したといえるかもしれません。

 

 

 

今までの人生の癖という重さがある荷物が台車に乗っています。

 

止まっているところから、動かす瞬間、一番、エネルギーが必要です。

 

動き出すことで、車輪が回り始めます。

 

一度、動き始めると、止まっている状態を動かすより、力はいりません。

 

 

設置面の摩擦が大きくない限り、台車は進みやすい状態です。

 

そして、継続して動くことで、それは習慣化された成功への行動となるでしょう。

 

 

 

 

また、小目標というのは、

達成までの工程を行動分解できるレベルのチャンクサイズと言うみかたもできます。

 

 

何を何回、どの順番でやれば達成にたどり着くかがわかるサイズのアウトカムですね!

 

 

行動の連続で達成までのタイムラインが明確に見えれば、あとはやるだけ。

 

行動に「快の感情」、行動しないことに「痛み」を関連付けるといいですね。

 

進むごとに、どんどんと成功までの道が明確に見えてきます。

 

小さな目標を達成するごとに、自分が成功できることは確信できるでしょう。

 

 

 

アウトカムの適切化によって、誰でも成功することができます。

 

世の中に達成している人がいるアウトカムであれば、

他の人にも達成可能なものと考えることができます。

 

NLPの前提であり、モデリングの考え方です。

 

 

物理的限界や身体的限界を超えるようなアウトカムの達成は無理かもしれませんが、

お金持ちになって成功するぐらいは、多くの人が実現していますし、誰にでも可能でしょう。

 

今は、大きなアウトカムに感じるかもしれません。

 

そうであれば大きなアウトカムを、実行可能なサイズにチャンクダウンしてください。

 

その小さなチャンクが集まったものが大きなアウトカム達成につながるようにすれば、

大きなアウトカムは達成可能ということになります。

 

 

小さなチャンクのアウトカムは、大きなアウトカム達成のリソースです。

 

 

現在に最適なサイズのアウトカムを達成していくだけです。

 

T.O.T.EモデルやPDCAサイクルなどの考え方を学ぶことで

小さなチャンクのアウトカムの達成は、絶対に可能だと思えるはずです。

 

成功を手にすると言うことは、その連続に過ぎません。

 

 

 

NLPを学ぶことで、「誰でも成功できる!そして私も成功できる!」と自信を持つことができるでしょう。

 

 

「私がお金持ちになり、成功を手にすることは当然である!」という感覚を掴むために、一緒にNLPを勉強しましょう。

 

2400


※「NLP・コーチング・自己啓発・成功哲学があなたをお金持ちにする」は、
 イイ収入ガ増刊号で『NLPがあなたをお金持ちにする』が人気だった為、
 独自トピックとして提供することになりました!

 メルマガ版は、こちらから登録どうぞ。





【本日の言葉】

あなたの中には幸運を引き寄せる「磁場」がある!

潜在意識はあなたの「本音」を見逃さない

自分の中には「万能のマシーン」がある!

「願望の種」を蒔くにも最適の時間がある!

「願望」が強ければ「手段」は後からついてくる

(ジョセフ・マーフィー)

 

 


▼成功を手にしたい人へ

【1】 ノウハウ (情報が入る人脈があればOK!)
【2】 心理テクニック (人間心理)
【3】 モチベーション・コントロール (自己啓発)
【4】 マインドセット (成功哲学)

 この4つを揃えておくことで、
 いつでも、何度でも成功できますよ!


 

iBSA塾 NLPメソッド 角谷亮 / 株Proceed

 

▼ブログランキング参加中です。参加カテゴリの他のブログにはこちらからどうぞ。▼


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 小遣いブログ アフィリエイトへ
にほんブログ村

Post Footer automatically generated by Add Post Footer Plugin for wordpress.

コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です