角谷亮 BMTSプログラム・恐怖心すら成功へのリソースと捉えることもできる?NLPが あなたをお金持ちにする

 イイ収入ガ増刊号で『NLPがあなたをお金持ちにする』が人気だった為、
 独自トピックとして提供することになりました!
メルマガ版は、こちらから登録どうぞ。


 

 

 

恐怖心すら成功へのリソースと捉えることもできる?

 

 

はい。NLPで、そのようなことも可能です。

 

 

恐怖心や不安を感じた時に、反応的に行動することは普通です。

 

<物事> → <(アンカリングされた)反応として感情が沸く> → <反応的に行動>

 

 

NLPで、反応的にでる行動を変える事でもいいですし、

 

 

学習によって知識や情報を持って、イメージワークや予行演習で感情と行動の間に、

新しいものを挟み込んでいくだけでも違った結果が期待できます。

 

 

<物事> → <(アンカリングされた)反応として感情が沸く> → <一呼吸置いて考える> → <選択した行動>

 

今まで、反応的に起きたことに違いをもたらしたり、選択肢を広げたりすることができそうですね!

 

その為にも、自分が反応することや怖いと感じる対象を

観察したり、分析したりするなど、向き合うことにチャレンジしましょう。

 

 

 

怖いという感情との付き合い方を学び、反応の選択肢を増やすことは、

成功にとって、大変役立つことだと考えています。

 

 

 

現在、お金持ちになっていないのであれば、

あなたが成功し、望んでいる状態は、自分の快適領域の外にあるということです。

 

快適領域の外にでて行動をする時に、一度も踏み入れたことがない領域もあるでしょう。

 

未踏の領域に踏み出して、活動領域を広げることが、成功への道と考えることができます。

 

 

足を踏み入れたことがない見知らぬ領域というものに、人は恐怖や危険を感じるのは当然です。

 

無人島やジャングルでサバイバルしないといけないときにそう思うかもしれません。

 

 

人によっては、新しい土地を歩くときにすら、不安を感じる人もいるぐらいです。

 

 

言葉の通じない外国で、ガイドブックがあっても、緊張感を感じる人もいるでしょう。

 

 

しかし、人によっては、無人島やジャングルのサバイバルを楽しむ人もいれば、

新しい土地、言葉が通じない外国など、見知らぬ場所にワクワクする人もいます。

 

その人たちは、リスクはありますが、今までにない新しい領域で活動することになり、

現状で手に入れていなかった何を手にすることになるでしょう。

 

 

物事に対する捉え方の違いで、恐れを抱くか、ワクワクを感じるか、その結果の違いを生みます。

 

 

あるいは、少し不安や恐怖を感じた後で、ワクワクという状態が発火するということもあります。

 

「何か心がざわつく・・・なんだか怖いな・・・快適領域にとどまろう」と考える人もいれば、

 

「何か心がざわつく・・・これから楽しいことが始まるぞ!」と考える人もいます。

 

 

どちらにも、NLPでコントロールや管理することが可能です。

 

 

 

成功を掴むことも同じです。

 

恐怖や危険だと感じること、怖いと思うことに、どう付き合うか?

 

未知の領域に対してでてくる反応をコントロールすることもできますね。

 

 

そういったものに対するステート・マネジメントもNLPでやってしまえばいいんです!

 

成功に役立つプログラムを持ってばいいです。

 

フレームや言葉の使い方でも可能でしょう。

 

「アレをやるのはなんだか怖いな。

でも、この感じ・・・変化の兆しだ!やってみよう!」

 

「やってみるのが、怖いな。

怖いけど、最大の痛手を考えてもして入れる。

やってみて実際にどうなるかは、やってみないとわからない。

少々、痛い目に逢うのも、成功につき物。それも成功への道だ。

やってみよう!」

 

ある種の恐怖感を、「成功の行動である証拠」として捉える成功者も少なくないです。

 

恐怖感を感じるから、慎重にできるし、リスク計算して挑むことにつながります。

 

つまり、恐怖感もある面で見れば、あなたのリソースなんです。

 

恐怖感すら、あなたの成功に役立てることが可能です。

 

 

見知らぬ土地を旅して、新しい価値を掴むように、成功を掴む旅にでましょう。

 

 

旅行ガイドは、成功哲学を学ぶことでしょう。

 

リスクを計算し、対策することは、知識や自分の引き出しにある参照材料です。

 

恐怖心から、心を奮い立たせて推進力を得るために、自己啓発や心理学を学ぶことが有効です。

 

 

 

恐怖を目の前に、従来の反応をすることだけが選択肢ではありません。

 

反応して、避けたり逃げたりするだけが、可能性ではありません。

 

 

もちろん、それもあるコンテキスト(文脈)では役立ちますし、

成功に向かうある局面では成功を妨げるかもしれません。

 

 

恐怖ということについて、別の選択を持っておくことが、絶対に成功したい人には役立ちます。

 

 

恐怖に対して従来の反応がでてもかまいません。

 

まずは、どんなことに、どんな反応をするプログラムが自分にあるのか認識することです。

 

NLPを学ぶ過程で、自分の観察を良くすることでわかってきます。

 

 

わかってしまえば、プログラムを書き換えることは可能です。

 

リフレーミングやアンカリングで、反応を変えておくことができます。

 

 

 

従来の反応をしてから、その次の反応を追加するという方法を採用することも、

あなたの可能性を広げることに役立つでしょう。

 

今まで、「恐怖→逃げる」という反応だった人は、

 

「恐怖→逃げる→少し逃げたと所で立ち止まり→もう一度戻り→適切に対処する」とすることもかのうです。

 

 

 

恐怖を見たら、立ち止まって観察するという方法もあります。

 

恐怖という感情で、反応的に行動を起こすのではなく、

 

恐怖と対峙して、良く見て、分析して、対応策を良く練ることもできます。

 

 

未知の領域や、恐怖に、どのように向き合うか?

 

選択肢を増やしておくことは、成功する身にのりで役立つことが多いです。

 

 

 

今までの人生で埋め込まれている(アンカリングされている)反応だけが、

あなたのプログラムではありません。

 

あなたは、プログラムの改編も、新しいプログラムのインストールもできるのですから!

 

不安、恐怖というマイナス感情すら、成功に役立てることができます。

 

このような選択肢や可能性を広げること、柔軟性を持つことも、NLPで身につけてください。

 

 

絶対に成功したいという方に、NLPの学習は役立ちます。

 

いかがですか?興味がでてきたら、NLPを学びましょうね!

 

2400


※「NLP・コーチング・自己啓発・成功哲学があなたをお金持ちにする」は、
 イイ収入ガ増刊号で『NLPがあなたをお金持ちにする』が人気だった為、
 独自トピックとして提供することになりました!

 メルマガ版は、こちらから登録どうぞ。





【本日の言葉】

成功を促進する7つの積極的感情
欲望、信念、愛、性、情熱、ロマン、希望

成功を阻害する7つの消極的感情
恐怖、嫉妬、憎悪、復讐、貪欲、迷信、激怒

心の中から恐怖を取り去れば自由な生き方ができる

今から私は、旅の途中で出会う敵の名を挙げよう。
それは必ず倒さなければならない敵だ。その最たるものは『恐怖』である

(ナポレオン・ヒル)

 

 


▼成功を手にしたい人へ

【1】 ノウハウ (情報が入る人脈があればOK!)
【2】 心理テクニック (人間心理)
【3】 モチベーション・コントロール (自己啓発)
【4】 マインドセット (成功哲学)

 この4つを揃えておくことで、
 いつでも、何度でも成功できますよ!


 

iBSA塾 NLPメソッド 角谷亮 / 株Proceed

 

▼ブログランキング参加中です。参加カテゴリの他のブログにはこちらからどうぞ。▼


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 小遣いブログ アフィリエイトへ
にほんブログ村

Post Footer automatically generated by Add Post Footer Plugin for wordpress.

コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です